HOME » 更年期に良いとされるサプリの成分まとめ » プラセンタ

プラセンタ

こちらのページでは、「プラセンタ」がもつ特徴(動物性プラセンタ、植物性プラセンタ)や、プラセンタの効果・効能(更年期のどのような症状に効くのか)を紹介していきます。

更年期のおすすめ成分「プラセンタ」の効果・効能

プラセンタは多くの効果・効能をもっています。プラセンタの主な効果は以下の通りです。

更年期障害への作用として詳しく調べてみると以下の働きが作用し、更年期障害の症状を改善・緩和してくれるようです。

プラセンタの摂取方法には3つあります。

自宅や外出先でも気軽に摂取できるという点を考えるとサプリメントで摂るのがおすすめです。

プラセンタが入った植物由来の更年期サプリはコレ!

プラセンタの特徴

「プラセンタ」とは本来は「胎盤」を表す英語で、一般的には哺乳類の胎盤から栄養素などの有効成分を抽出した胎盤エキスのことを「プラセンタ」と呼びます。

「胎盤」は哺乳類に特有のもので、母体と胎児をつなぐ重要な器官であるため、胎盤には生命を維持するための豊富な栄養因子と栄養素などが含まれています。

この胎盤と似た成分と効果をもつものが、植物の「胎座」という部分です。当然のことながら胎盤は哺乳類に特有のものであり、植物には存在しないので正確には「プラセンタ」ではありません。しかし、この「胎座」の成分と効果が「胎盤」に似ているため、便宜上以下のように呼ばれています。

プラセンタに含まれている成分を見ていくと、主に以下の成分が含まれています。

アミノ酸

プラセンタにはロイシン、リジン、バリン、スレオニンなど10種類以上のアミノ酸が含まれています。アミノ酸は身体の細胞の原料となるので、健康的な若々しさを保つためにも欠かせない成分です。プラセンタのアミノ酸は吸収率がとても高いのが特徴です。

タンパク質

身体をつくる重要な栄養源です。細胞の新陳代謝を高めるため、プラセンタが「若返りのエキス」と言われるのはタンパク質が豊富に含まれているからです。

脂質

細胞膜や神経組織、核酸などを構成する成分として重要な栄養素で、効率の良いエネルギー源として、体内で利用されます。脂質に含まれている必須脂肪酸は、体の細胞膜の成分やホルモンの材料などになっていますが、体内でつくることができません。

そのため、体外から摂取することが必要となります。脂質を吸収することで、疲れにくい体になり、体力の低下を防ぎます。

糖質

プラセンタにはグルコースやガラクトース、ショ糖といった糖質が含まれています。糖質は「炭水化物」とも呼ばれ、脳にとっての唯一のエネルギー源であり、細胞の健全な構造を保つためにも欠かすことができない成分です。

糖質が不足すると脳にエネルギーが行き渡らなくなり、脳の働きが鈍って集中力が低下してしまいます。さらに糖質が不足すると、体内ではアミノ酸がブドウ糖につくり変えられてしまうので、体の不調や肌荒れの原因ともなってしまいます。

その他

また、以下の生理活性成分も含まれていて、胎盤(プラセンタ)は「栄養の宝庫」ともいわれています。

さらに以下の成分も含まれています。

動物性と植物性の違い

動物性プラセンタ(胎盤)と植物性プラセンタ(胎座)は似た成分をもつとはいうものの、大きな違いを挙げると、「成長因子の存在」が大きな違いです。動物性プラセンタには成長因子が含まれますが、植物性プラセンタには含まれていません。

成長因子が含まれる動物性プラセンタの場合、皮膚の再生や新陳代謝の改善、美白や血行促進などの効果がありますが、成長因子が含まれない植物性プラセンタには細胞の成長を促すことや、増殖させることができません。

しかし、植物性プラセンタは、アミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれており、これらの成分が動物性と同じような美白やアンチエイジング効果を生み出しています。

また、動物性プラセンタは主に牛、豚、羊由来などですが、植物性プラセンタはアロエ、クロレラ、ライ麦、トウモロコシ由来のものとなっています。

動物性プラセンタのように狂牛病、BSEといった病気や免疫反応、薬の心配をする必要がない分、植物性プラセンタの安全性は高いと言えるでしょう。このような点からも、海外では植物性プラセンタの方が高い人気を誇っているようです。特に大麦や大豆は栄養価が高いため、植物由来のプラセンタの中でもおすすめです。

安全性が高い植物由来成分配合のサプリメント5選
安全性が高い植物由来成分配合のおすすめ更年期サプリメント5選
更年期の症状に効果が
期待できる人気サプリメント
医薬品って更年期の症状に
ホントに効くの?
更年期に良いとされる
サプリの成分まとめ
もしかして更年期障害かも?更年期の症状まとめ
更年期症状の改善法