更年期サプリ・医薬品カタログ » 更年期に良いとされるサプリの成分まとめ » 女性ホルモンと類似?更年期障害サプリに含まれる「セサミン」

女性ホルモンと類似?更年期障害サプリに含まれる「セサミン」

更年期障害とは?主な症状

更年期とは、卵巣の活動が徐々に低下していき、月経がなくなる前後5年間の時期を指します。平均的な日本人の閉経年齢はだいたい50歳ぐらい。早い人では、40歳台の前半から更年期を迎える場合もあり、個人差があります。更年期の時期に心身に起こる、様々な症状で、病気を伴わないものの総称である、更年期障害。更年期を迎える年齢に個人差があるのと同様に、その症状も人により様々です。ここでは、代表的な更年期障害の症状をご紹介します。

【自律神経失調症状】

更年期以外でも、診断されることのある「自律神経失調症」。更年期の場合、正しい生活リズムを保ち、ストレスのない生活をしていても、自律神経失調症のような症状が引き起こされ場合もあります。以下が代表的な症状です。

(主な症状)

のぼせ、寒気、汗、動機、冷え症、心痛、頭痛、めまい、肩こり、疲れやすい、息苦しい、など

【精神症状】

更年期障害は、体だけでなく、心にも影響を及ぼします。原因がわからないけど、なぜか気分が落ち込んだりする場合、更年期障害の可能性が否定できません。

(主な症状)

イライラ、怒りっぽくなる、精神不安定、抑うつ気分

【その他の症状】

原因を特定しにくい、多彩な症状が現れるのも更年期障害の特徴のひとつです。原因に心当たりがなく、不快な症状がずっと続くのが、更年期障害の辛いところといえるでしょう。

(主な症状)

関節痛、腰痛、吐き気、食欲不振、皮膚の乾燥、頻尿、外陰部の不快感

 

ここに挙げた症状以外にも、個人により様々な症状が現れる更年期障害。更年期は、特にサインもなく訪れ、知らず知らずのうちに生活に支障をきたす可能性があります。更年期について知識を持ち、上記のような症状が現れたら、更年期障害を疑ってみることも、元気に年を重ねていくうえでは重要なことです。

 

更年期障害を引き起こすメカニズムとは?

辛い更年期障害を引き起こす主な要因となるのが、女性ホルモンの減少です。ここでは、女性の体に不可欠な、女性ホルモンの役割についてご説明します。

【卵胞ホルモン(エストロゲン)】

卵胞ホルモン(エストロゲン)は、89歳頃から卵巣で分泌が始まり、女性らしい丸みのある身体を形成するのに不可欠なホルモンです。12歳前後には分泌量が増え、初潮を引き起こし、生理の周期に合わせ増減を繰り返します。成熟期と呼ばれる30歳台半ばまでは、分泌される量も多く、妊娠や出産にも深く関わるホルモンです。40歳を過ぎると分泌量は減少していき、やがて閉経を迎えます。月経のリズムを刻む他にも、肌や髪のツヤや潤いを保つのに、不可欠なホルモン。先に紹介した、肌の乾燥などの諸症状は、こうしたホルモンの分泌の低下から引き起こされる症状のひとつです。

【黄体ホルモン(プロゲステロン)】

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、卵胞ホルモン(エストロゲン)とともに周期的に分泌される女性ホルモン。生理前の期間に、子宮内膜をやわらかくする働きがあり、妊娠するうえでは不可欠なホルモンです。その他にも、利尿作用や、乳腺の発達など、体の広範囲に影響を与える黄体ホルモン(プロゲステロン)。妊娠の可否だけでなく、快適な生活を送るうえでも重要な役割を果たしています。

 

どうすれば、更年期を元気に過ごせる?

重篤な更年期障害がある場合、病院では、減少してしまったホルモンを補うホルモン補充療法という治療が行われます。自力で分泌される量が少なくなった、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を投与し、月経があった頃の状態に近づける治療法です。ホルモンを補充することで、辛い症状を緩和させることができる一方で、副作用が起きていないか継続的に診察を受ける必要もあります。病院に行くほどの重篤な症状ではないけれど、できれば自分の力で症状を緩和させたいという人にも、できることは多数。ここでは、日常生活で手軽にできることをご紹介します。

【十分な睡眠】

健康的な生活を維持するには、167時間程度の睡眠が理想とされています。なかなかそんなに長い時間眠るのは難しい、という方は、夜の22時から2時の間だけでも眠ることを意識してみてください。この時間帯は、成長ホルモンが活発に分泌される時間だといわれています。途中で目が覚めてしまう場合も、トータルの睡眠時間をなるべく67時間に近づけてみましょう。

【適度な運動】

更年期障害の症状のひとつである、自律神経失調症状を落ち着ける効果が期待できるのが、有酸素運動などの適度な運動です。有酸素運動は、血液の循環を促し、自律神経を整える効果が期待できます。特別な器具や場所がなくても、ただ歩いてみるだけでも良い運動となり、体を動かすことで気分転換もできるでしょう。

【栄養価の高い食事】

食事を作るのも億劫になってしまい、気付けばいつも同じような献立ばかりになってしまっていませんか。更年期には、良質な栄養を摂ることも元気に過ごすうえで重要なポイントとなります。中でも、近年注目を集めている栄養素が女性ホルモンと似た働きをするといわれているセサミン。ゴマに含まれる栄養素のひとつで、抗酸化作用のある栄養素としても知られています。自分の体内で分泌できなくなった女性ホルモンは、セサミンを摂取することで補うことができるかもしれません。

 

更年期に注目したい栄養素、セサミン

更年期を迎えた女性にとって、嬉しい効果が期待できるセサミン。その効果や特徴について詳しくご説明します。

【抗酸化作用を多く含む栄養素】

セサミンに期待できる代表的な効果が、抗酸化作用です。体内に摂取された後、肝臓で代謝され、強力な抗酸化作用を発揮します。過度なストレスや、化学物質を摂取した際に多く発生する活性酸素。その働きを抑えることで、細胞の酸化の老化を防止し、アンチエイジング効果や、肝機能の向上、悪玉コレステロールの抑制など、様々な効果が期待できます。

【女性ホルモンと似た働きをするセサミン】

女性ホルモンと似た働きをする栄養素として有名なのが、大豆に含まれるイソフラボン。セサミンも、女性ホルモンと似た働きをすることがわかってきました。先述した、病院でのホルモン補充療法と同じ原理で、こうした栄養素を含む食物を摂取すると、更年期の辛い症状を和らげられるかもしれません。卵胞ホルモン(エストロゲン)の機能のひとつには、血中コレステロールを抑制が挙げられます。更年期を迎えた女性が、コレステロール値をコントロールするうえでも、セサミンは強力な味方となり得るのです。

【セサミンを含む食物】

セサミンという名称の通り、セサミンはゴマに多く含まれる栄養素です。セサミンは、粒のままのゴマを食べるよりも、すりつぶしたゴマを食べた方がより効率よく摂取できます。すりゴマの他に、練りゴマや、ゴマを利用したゴマ豆腐などの加工品も効果的。食物で取り入れた脂溶性のセサミンは、摂取されてから約1日で対外に排出されてしまいます。取り入れやすい摂取法で、毎日続けることが重要です。

 

セサミンを効率的に摂取するには、サプリがオススメ

毎日積極的にとっておきたいセサミン。摂取目安量は特に定められていないものの、1日に810mgほど摂取できればよいといわれます。この810mgをゴマに換算すると、約3,000粒。1日にゴマ3,000粒を食事で摂取するのは現実的には、かなり高いハードルとなります。ここでオススメしたいのが、サプリという選択肢。セサミンをサプリで摂取する際のポイントをご説明します。

1日の摂取量を守って】

セサミンは、これまでに副作用が起きたという報告がない栄養素です。だからといって、たくさん摂取したからといって、劇的に症状の改善が見込めるわけではありません。セサミンに限らず、サプリを服用する際には気をつけたいポイントですが、1日の摂取量は必ず守りましょう。サプリによって、その量は様々。購入の度に、摂取量を確認するようにしましょう。セサミンは副作用がないとされていますが、気をつけるべきポイントはカロリー。ゴマは、脂質を豊富に含む食材です。過度な摂取は、脂質の過剰摂取につながるので注意しましょう。

【一緒に摂りたい栄養素】

・ビタミンEv

ナッツ類やかぼちゃ、うなぎなどに多く含まれる、別名「若返りのビタミン」。抗酸化作用を高め、ビタミンEの働きを活性化させます。

・カロテン

眼の健康に良いとされる、ビタミンAの前駆物質。うなぎや緑黄色野菜に多く含まれ、セサミンと同様に、脂溶性の栄養素です。

EPADHA

カツオなどの青魚に含まれ、「頭がよくなる」栄養素としても有名なEPADHA。脂質の一種であるため、青魚を調理しない状態で食べると効率よく摂取できるといわれています。

 

 

更年期を迎える女性にとって、強い味方といえるセサミン。身近に取り入れやすい食品であるゴマに豊富に含まれ、副作用の心配も少ないのが、嬉しいポイントです。効果的に摂取を続けるには、サプリメントがオススメ。手軽にセサミンを摂取して、元気な毎日を過ごしましょう。

安全性が高い植物由来成分配合のサプリメント5選
安全性が高い植物由来成分配合のおすすめ更年期サプリメント5選
更年期の症状に効果が
期待できる人気サプリメント
医薬品って更年期の症状に
ホントに効くの?
更年期に良いとされる
サプリの成分まとめ
もしかして更年期障害かも?更年期の症状まとめ
更年期症状の改善法
ホルモンバランスを整えて更年期と気軽に向き合おう