更年期サプリ・医薬品カタログ » もしかして更年期障害かも?更年期の症状まとめ » めまい

めまい

こちらのページではめまい症状改善のすすめや、更年期障害の症状の一つである「めまい」について、ご紹介します。

めまい症状改善のすすめ

まずは「めまい」症状の特徴やメカニズム、いろいろな「めまい」の種類をまとめています。

症状のメカニズムや特徴

更年期になると「めまい」に悩む方が増えてきます。「めまい」は更年期障害の症状としても高い頻度で起こるものです。

ホルモンバランスが崩れることで自律神経が乱れてしまう、また加齢によって感覚器官の機能低下が生じやすくなったことが原因しています。

また、更年期のめまいには以下のものがあると言われています。

回転性めまい

体が横になっていても天井がぐるぐると回っているような感じがし、まっすぐ立っていられなかったりする。

立ちくらみ・眼前暗黒感

立ちあがったときにクラッとするめまい。いわゆる「立ちくらみ」で目の前がすーっと暗くなったりする。

浮動性めまい

自分や周りがふわふわとしているように感じ、まっすぐ歩けなくなるめまい。

特に更年期障害では「浮動性めまい」が大半を占めています。「浮動性めまい」は体が地面からふわふわ浮いているように感じるめまいで、長期間にわたって繰り返すことも多く、肩こりや首こりをともなうことがあります。

さらに、軽度の耳鳴りが起こることもあるので、頻繁に起こるようでしたら病院に行くことも考えましょう。

対策法

「めまい」は体が動くことによって誘発されるため、めまいが起きた際にはまず安静にすることが大切。めまいが落ち着かないうちに動くと転倒の危険性があるため、外出先などでもその場で落ち着いて体を休めましょう。

更年期のめまいを和らげるには、自律神経の調子を整えることが重要。そのために日頃からストレスを溜め込まないようにし、生活習慣の改善が必要不可欠です。規則正しい食生活や適度な運動を心がけ、ストレスをためずに十分な休息をとるようにしましょう。

それでも改善しない場合や症状が重い場合には、病院での受診も検討すべきでしょう。病院での更年期のめまいの治療法には、以下のものがあります。

漢方薬は副作用が少なく長期に飲用できる利点があります。また、更年期に有効なサプリメントの中には漢方由来のもの、ホルモンバランスを整えることに期待できるサプリメントもあるので、更年期前でも更年期症状の予防に飲み始めてもいいかもしれません。

更年期の女性が注目したい漢方由来の成分

漢方の成分としても活用されているのが田七人参です。田七人参には、女性の乱れを整える働きがあるといわれています。サプリメントの中には、田七人参を活用したものがあるので、更年期のめまいが気になる方は試してみるとよいかもしれません。

白井田七。甕

高麗人参の7倍といわれるパワーを持つ田七人参を、200年以上続く日本の醸造所で黒酢と一緒に発酵熟成させたサプリメントです。注目のめぐり成分・サポニンのほか、女性にうれしいフラボノイド、リラックスを促すギャバなどを豊富に含みます。ここに、女性らしさを取り戻すザクロ、つややかさを作るプロテオグリカンなどを配合している点が特徴です。多くの女性から実感力が違うと評価されています。

>> 白井田七。甕の詳細はこちら

更年期の女性はイソフラボンにも注目

ホルモンバランスの乱れが気になる方は、イソフラボンを配合したサプリメントを活用するとよいかもしれません。イソフラボンには、女性ホルモンのひとつエストロゲンとよく似た働きが期待できます。過去に行われた実験で、閉経後の女性がイソフラボン(大豆イソフラボンアグリコン)を3カ月摂取したところ、その濃度が高くなるにつれ更年期障害のスコアが有意に減少した結果が得られています。アグリコン型のイソフラボンは次のサプリメントに含まれています。

 

参照:大豆イソフラボンアグリコンの更年期障害に対する効果について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ningendock1986/17/2/17_172/_article/-char/ja/

 

以上のサプリメントなどがおすすめです。更年期のめまいにお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか。

安全性が高い植物由来成分配合のサプリメント5選
安全性が高い植物由来成分配合のおすすめ更年期サプリメント5選
更年期の症状に効果が
期待できる人気サプリメント
医薬品って更年期の症状に
ホントに効くの?
更年期に良いとされる
サプリの成分まとめ
もしかして更年期障害かも?更年期の症状まとめ
更年期症状の改善法
ホルモンバランスを整えて更年期と気軽に向き合おう